転職理由をどう準備するか?【転職ノウハウ】

転職を決断する理由は様々です。

ただ、多くが以下の点に集約されるようです。

・もっと成長する環境を希望している

・やりたい仕事ができない(できなくなった)

・業界や企業の将来に不安がある

・今の会社の人間関係が思わしくない

・今の会社で実績が挙げらないため

・会社都合によるリストラ

転職市場では、「転職理由は?」と聞かれて正直に転職を決断した理由を述べてはいけません。

では、どうすればいいのか。

転職を決めたキッカケ(決断理由)はさておき、

「では、転職によってどうしたいのか?」という前向きな動機理由に置き換えておくことが大切です。

転職理由にも、その候補者様の「成長意欲」「目的意識の強さ」「主体性」などの外部環境のせいにせず、自らの成長意欲をベースに転職活動を行なっている方かどうか、といった点を推し量られています。

転職理由に限らず、行動を決める理由や動機付けは、その方の志向性を裏付けます。

ヘッドハンターもこの点で、候補者様の動機のスイッチがプラス要素かマイナス要素かを見極めています。

アメとムチ、どちらで動くタイプなのか。
自分で自分を動機付けできるセルフスタータータイプなのか?

この点がビジネスパーソンの成長に大きく左右します。

また、転職理由を説明する際には感情をできるだけ排除し、ビジネス上の判断として合理的理由に置き換えることが重要です。
できれば、事実と数値で簡潔に述べられると良いかと存じます。

例えば、業績悪化によるリストラという理由であっても下記のような事実に則した説明により、できるだけ感情を込めないことが大切です。

「転職を考えた理由は大きく2つありまして、一つは自社の業績悪化および改善の目処が立たないため、2つめは業績悪化による経営方針の変更により私の携わっている業務分野の縮小を余儀なくされたためです」

では、どうして感情を込めることを避けるべきなのか。

それは、感情を込めたとたんにビジネスパーソン自身の弱さがどうしても垣間みれてしまうためです。あくまでも起こった事実に対して客観的に冷静に合理的判断をし、転職という行動に移したという「冷静さ」をアピールすることが大切です。
(感情を込め過ぎる対応は、入社後のトラブルメーカーになり得る可能性を拡大させてしまうので注意が必要です)

転職理由、

・前向きな未来の行動に対する理由に置き換えること
・客観的に説明すること

この点を踏まえて改善されてみてはいかがでしょうか。

日々、精進です。

AD
いいね!した人
 | 
コメント(0)