スピードは採用力の大きな要素です【企業の採用戦略】

意思決定のスピードは、財務諸表には載りません。

それでも、経営資源として大きな要素といえます。

特に、採用力の大きな要素といえます。

採用企業側としては、採用選考過程における候補者辞退時の深い理由を知る機会が少ないようですが、

我々リクルーターサイドとしては、「選考スピード」が要因の多くを占めることを知っています。

意思決定スピードは、採用成果にダイレクトに影響しています。

アーリーステージのベンチャー企業等では、直接社長に候補者推薦を行なった際、おおよそ5分程度でフィードバックが来ます。
最悪のケースでも次の日にフィードバックが持ち越されるケースは殆どあり得ません。

採用選考は、意思決定の遅さが後工程に大きな差を生みます。

優秀な候補者は、複数案件を進めることが多く、面接調整も重なります。

こういった背景を理解している企業は、意思決定スピードを非常に強く意識されています。

採用選考において、遅いことで付加価値がつくことはありません。

自社の採用力を見直す際には、スピードという観点でプロセスを客観視してみることをお薦め致します。

日々、精進です。

コメントを残す