就活で成長するために最も大切なことは◯◯を発揮すること【キャリア成長戦略】就活学生の皆様へ

社会に出て働くことは、日々、望む人生にするために自分自身で選択し意思決定していくということです。

選択と行動を通じて、自分の人生を生きていくことです。

就職活動は、自分自身と向き合い、望む人生の方向性を考える中で様々な葛藤を経ることができる貴重な成長機会です。

では、就活で成長するために最も大切なことは何でしょうか?

それは、就活を通じ自分自身に対するリーダーシップを発揮するということです。

自分自身に対するリーダーシップ

なぜそれが大切なのでしょうか?

・就活は言われたことをやるという活動ではないから

・何も動かなければ何も起こらない

・自ら変化を促し、物事を動かしていかなければならない

・誰も自分の人生の保証・確約はしてくれない(親でさえも)

・社会人になるということは、己を知り、生きる指針を定めていく必要があるから

といった点が挙げられます。

では、自分自身に対するリーダーシップを発揮するためにはどうすればいいのか?

以下の2点に集約されます。

①自身の欲望と本気で向き合う
必ず訪れる人生の終わりまでに何を成し遂げたいのか?
何が欲しいのか?どんな人間になりたいのか?
何度も何度もアウトプットしながら、それらについて真摯に「本当か?」と丹念に問いていくことです。
多くの学生は他者からの期待や望みを実現しなければ、というマインドに染まっています。
それらが削ぎ落とされるまで、徹底的に「自分の」欲望を掘り起こしてみることです。

②人生計画を作成してみる(Excelなどで)
現時点の年齢から、自分の死の期日を予測し、真剣にセルを埋めていくこと。
その作業を通じ、自分の人生の物語を何度も何度も自分の手で作っていくことです。

社会人になると、入社した会社からの活動計画表や業務報告書にガチガチに縛られます(笑)。
多くのビジネスパーソンは、会社から指定されたフォーマットの計画表は一生懸命作成しますが、この世で最も大切な「自分の人生の活動計画書、事業計画書」を持っていません。

だって、そんなこと会社にいわれてないし、、、(!)

大変残念ながら、貴方が入社する会社にもこのような主体性のない方がほとんどです。

社会や会社という便利な構造に身を委ねて生きる人が多く、主体的に生きている人はあまり多くいないのが実情です。

学生である今が最も自分自身と向き合える最高の機会と考え、人生計画を作成してみることです。
(作成が目的ではないため、他人に見せる必要もありません。自分に相応しい人生を徹底的に悩みながら考え抜くことです)

自分自身に対するリーダーシップとは何でしょうか?

以下3点に集約されます。

①自分が望むもの、状態を知っている

②そこに至るまでの過程を考え、達成計画を持っている

③日々の行動に指針があり、自分の人生に対する影響力を持って生きている

就活において、

「自分の人生計画に相応しい業界、職種、仲間がいる場所はどこなのでしょうか?」

映画監督になりきって、自分の人生計画を作ってみてはいかがでしょうか。

自分自身に対するリーダーシップを発揮し、外部からの欲望に振り回されない就活計画を立てるべきです。

自分自身に対するリーダーシップを発揮すること。

そこから、社会人への第一歩が始まります。

日々、精進です。

コメントを残す