自分らしい働き方、考えてますか?6つの要素で自分と向き合う【キャリア成長戦略】

職業選択には正解がなく、非常に難しいものです。

ただ、キャリアの中長期目標を立てて、その筋道として方向性を合わせ、戦略的に成長し続ける方々は、ある特徴を持っています。

それが、「自分らしい働き方と向き合い、それを定義する」という特徴です。

自分らしい働き方。
単に想像の世界でやみくもに考えていても願望ばかりが浮遊することになります。

よって、ある程度合理的に考えるために以下の6つの要素を基準に検討してみてはいかがでしょうか。

①仕事内容

②時間、場所、休暇

③給与、評価基準

④経営者

⑤就業環境

⑥企業文化

現代は働き方の変革が草創期であるといえます。
これまでの工業化時代の労働では、ビジネスの現場に見合わないようになっています。
ビジネスの現場は、常に旧来のルール(法規制)よりも進んでいます。

人生に合わせて働き方を決めていけるような企業。
そんな企業に優秀な人材が集まる傾向であり、ベンチャー企業等では競争原理の一つの要素として「働き方」の面で人材獲得上の強みを出していく動きが顕著であります。

「あなたにとって自分らしい働き方とはどのようなものでしょうか?」

「あなたが働くことに求める価値観は何ですか?」

「働く上で、最も大切にしていきたいことは何ですか?」

具体的に考えることは、行動習慣の改善に繋がります。

6つの要素の観点から、自分らしさと真摯に向き合ってみてはいかがでしょうか。

日々、精進です。

コメントを残す