職歴が短いケースはどうするか?【転職ノウハウ】

採用企業は候補者様が思っている以上に、過去の転職歴を重要視されています。

もちろんエンジニアなどの職種によっては、スペシャリストとしてスキルを上げていれば、転職回数はそれほどマイナス評価にならないケースもあります。

それでも、殆どの職種において過去の転職経歴は重要視されます。

特に重要視される点は、1社毎の在籍期間の短さです。

転職回数の多さよりも、在籍期間の短さを気にされる採用担当者様が殆どです。
(結果として在籍期間の短さが転職回数に繋がるのですが、、、)

特に管理部門職(経理財務、人事、総務、法務など)においては、非常に重要視される傾向があるため、面接時は慎重にご対応されることが大切です。

候補者様側の事情としては現実的には採用企業側の経営や組織内の問題もあり、転職後にどうしても解決できない事情により再度転職を健闘せざるを得ない事情も多々あるかと存じます。

では、どうすべきか?

ここでは、まず以下のポイントに注意すべきです。

・自分の判断が浅はかだった点を強調し過ぎない
・企業側の責任にし過ぎない
・軽はずみな転職と思われないようにする

では、具体的な対処方法はどうすべきか?

・転職を再検討するに至った事実を客観的に短く伝える
・自分の判断の過失の点を誠実に認める(但し、強調し過ぎないこと)
・説明に感情を乗せない

感情を乗せて伝えるのではなく、採用企業側に察していただくことが大切になります。

採用企業側は、採用後に短期間で退職されることを懸念されているため、その確認をするための質問をされます。
よって、懸念点を解消することを目的にし、あまり企業側の印象に強く残らないように「特に問題はない」という評価を得ることが大切です。

短期間の転職理由そのものではなく、そういった出来事に対する候補者様の人柄を減点法で評価されているという意識が大切です。

良い印象を残そうとしたり、マイナス点をリカバリーしようとしてアピールを強調し過ぎることで、採用企業側に「何か引っかかる」という点を残してしまうケースが多数ありますが、上記のポイントを踏まえて自然に、且つ事実と客観性に基づいた回答を簡潔に行なうことが大切です。

面接で大切なことは、以下となります

・採用企業側の懸念点を解消する(ここでは無理してアピールし過ぎない)
・求められる経験やスキルに合致している点をしっかりと伝える
・仕事に対する真摯な姿勢を感じてもらう

日々、精進です。

コメントを残す