優秀な候補者は企業の将来性を重要視しています【人材を求める企業様へ】

転職活動を行なう上で、判断基準になる要素は多岐に渡ります。

安定性
成長性
社風
待遇の良さ
労働環境

但し、エグゼクティブ層や多数の企業から内定を得る方に共通した特徴があります。

それが、

企業の将来性・成長性を重視する

というものです。

現在の企業規模や業績状況に関わらず、将来の方向性やその企業がどのように成長したいのか?
そういった未来のゴールから逆算する形で、自分が成長できる場であるかどうか?その企業に自分が本当に貢献できるのか?共に未来のゴールに向かって全力を尽くしていけるかどうか?
といった視点で転職先を比較されているケースが多く見受けられます。

多くの採用企業が、現時点での魅力を全力でアピールします。
誰もが羨む魅力的な企業であれば、HPを見て下さい、IRを見て下さい、でいいかも知れません。

ただ、トップ企業を除く殆どの企業が優秀な人材から見ると第二希望以下という現実があります。
(当たり前ですが、第一希望以外はすべて劣勢です)
それでも、何とか口説き落として採用し続けていかなければなりません。

トップ企業以外の企業が優秀な人材を口説きたい場合。

現状、目指すゴール、その過程で解決して欲しい課題

この3点をしっかりと伝え、主体的に実力を発揮し、成長できる場であることをイメージしてもらうことです。

優秀な人材に限って、成長機会の多いタフなフィールドを好む傾向があります。

問題のない企業など皆無であることを経験から理解されています。

弱みを成長材料に変えて提案してみることです。

成長意欲のある優秀な人材であれば、真摯に検討していただけます。

弱者の採用は、腹を割って真実を伝える。

これしかありませんね。

日々、精進です。

コメントを残す