欲望を危機感に変える【キャリア成長戦略】

30代で上場を目指すインターネット企業の事業責任者として活躍する方、

キャリア上の目標を立てるキッカケは

単純な欲望だったそうです。

それは、お金。

大学卒業後、外資系アパレルブランド会社に就職。
接客を楽しみながら充実していたものの、来店される自分の2-3歳年上の方々が高額商品を購入されていく姿に触れるにつれ、ある感情が湧いてきたようです。

それが、報酬を上げること。

現状のまま2-3年後を費やしても、裕福なお客様のようなレベルの生活をおくることは到底無理、、、

初めて危機感を覚えたそうです。

それから先は危機感と共に積極的に未来を考えるようになったとか。

英語もできないにも関わらず、テクノロジーとデザインを学びに、渡米しCG技術を学んだものの、そこで出会ったインターネット技術に魅了され現地で数年を過ごした末に帰国、数々のインターネット企業での経験を経て事業責任者の立場を得ました。

今の目標は上場達成。

あの時感じた欲望や危機感

今、振り返ると、それは自分が成長するために絶対に欠かせないものであったそうです。

自分を成長させるためには行動が思い切った行動が必要です。
行動習慣を変えるためにはパワーが必要です。
そのキッカケとして、欲望や危機感を大切にしたいものです。

コメントを残す