転職は手段、迷ったら転職動機を見直す【転職ノウハウ】

そもそも、なぜ転職を考えたのか?

現職に対する問題意識?

将来のキャリアプラン?

転職活動を一定期間続けると誰もが陥る状態

それが、

転職活動自体(内定獲得)が目的化してしまう

というものです。

採用面接で転職動機を企業に合わせて答えているうちに、本来の転職動機、転職理由を忘れてしまいます。
(といっても、転職動機を全て本音で伝えると恐らく面接は通りません、、、)

確かに個々の事情があるため、一定条件を満たせば転職先は問わないといった緊急を有する転職も必要かも知れません。

それでも転職=内定を目的化してしまうことには要注意です。

転職活動中に自分自身が見えなくなってしまった時。

そもそもの目的を見失っている時。

現職の退職タイミングばかり考えてしまっている時。

そんな時は、転職動機を見つめ直すことで活動目的を再度明確にすることです。

できれば、転職活動初期段階で、テーマを決めて記録しておくことをおすすめします。

今回の転職テーマ(目的)は何なのか?

私が今回の転職で達成すべきポイントは何なのか?

人間は弱いもの。

必ず行動は脇道に逸れるもの。

軌道修正は他者アドバイスからは生まれません。

自分自身で活動の目的をシンプルに絞込み、キーワードとして常に持っておくことです。

転職活動には指針が必要です。

転職は手段、迷ったら転職動機を見直して下さい。

コメントを残す