自分に不足しているものと向き合う【キャリア成長戦略】

充実しているビジネスパーソンであればある程、自分に不足しているものを無視しがちです。

目の前の仕事に忙殺されているうちに、中長期の成長に対して備えておくべきことや鍛えておくべきスキル・知識の習得をおざなりにしてしまったりします。

では、どうすべきか?

自分がプロとして歩む分野において、ベンチマークとなる方々をWEBで検索してみるなど、何らかの刺激を受けるために能動的に動くことが大切です。

そして自分に不足している部分を明確に把握すること。

不足部分において、時間と労力の投資価値を判断し、成長テーマに相応しいものに焦点を絞る。

日々、多忙なビジネスパーソンにとって、趣味的な自己啓発に投じる時間はありません。
あっちこっちに手を出して継ぎ接ぎ的な知識を得ても実践での武器にはなり得ません。

ビジネスの世界で、アウトプットを磨くために何をすべきか?

インプットの焦点を絞っていくことが重要です。

自分に不足しているものと向き合う。
但し、最も大切なことは目の前の仕事で成果を出し続けること。
そこから逃げず、さらなる価値向上のために自己を磨く。

一度、立ち止まって考えてみてはいかがでしょうか。

日々、精進です。

コメントを残す