感情だけでキャリアを決めてはいけない2【キャリア成長戦略】

前回に続いて、

単なる感情による反応で転職活動を行なった際のデメリットは

選考上、明らかに不利になる

ということです。

ヘッドハンターや面接官が、候補者を見抜くオーソドックスな質問として、

「どうして、今回ご転職を考えられたのですか?」というものがあります。

感情だけで、行動している方々に共通していることは、

転職理由が不明確

ということです。

間違ったことを言ってはいないものの、何故か熱が伝わってこないという方が正しいかも知れません。

自己と向き合い、考え抜かれた上で、将来の方向性や目標に対して計画と戦略を持って自己をチューニングされてきた形跡が、言葉の端々から汲み取る事ができず、どうしても場当たり的な逃げの転職というニュアンスが伝わってしまうのです。

これは、後付けでいくら立派な転職理由を考えたとしても何故か伝わってしまう熱のようなものなのです。

目標に向かって、試行錯誤し、真剣に考え生きてきた人間かどうか?

第三者には伝わってしまうものです。

一方、転職には2つのパターンがあります。

一つはどうしても回避できない事情により転職せざるを得ないケース。

もう一つは中長期の目標上、計画的に環境を変えて転職を上手く活用するケース。

前者の転職せざるを得ないケースにおいては、しっかりとした準備と選考を戦い抜く戦術・戦闘のノウハウが必要でもあります。
採用側は候補者側の個人的な事情や感情を理解や同情はするものの、採用選考上、有利になるケースは皆無です。

一旦、感情を排除した上で、最も合理的に人生に有利になる環境のチューニングとして転職活動を捉え直し、活用していく必要があります。

お困りの際には、ご相談いただけますと幸いです。
先ずはご一報いただけますと幸いです。

コメントを残す