未来を共有し合う【面接対策】

転職の面接というとどうしても過去の経験や実績などの話に終始してしまいがちです。

ただ、採用企業側の視点で冷静に面接の目的を考えてみると、重要なポイントが見えてきます。

未来を共有し合う

ということです。

面接者は必ず面接中に目の前の候補者と自社との「入社後のイメージの擦り合わせ」を行なっています。

結果、「理由は具体的ではないが何となく社風に合わないためお見送り」といった不合格理由が驚く程多いのです。

面接者によっては、決して向こうから擦り合わせを確認する質問をせずに、何となくの感覚で決めてしまうことも多く見受けられます。

そこで、転職者側から以下のような質問で未来を共有し合うことが大切です。

・御社で活躍されている方の特徴は?
・成果を出すために必要なことは?
・入社後に一番求められることは?

そして面接者からの答えに対して、自分の経験をもとに「私は、入社後このように貢献していきたい」といったメッセージをしっかりと伝えることです。

面接は友達とお茶しながらのコミュニケーションではないため、楽しく盛り上がったからといって良い結果になるとは限りません。
ビジネス上の擦り合わせとして、「投資する価値が自分にはある」という具体的根拠や良い印象を面接者に与えることが重要です。

コメントを残す