キャリアのお小遣い帳をつける【キャリア成長戦略】

40代で子会社社長まで上り詰めた努力家タイプのビジネスパーソン。

成長の過程で大切にされてきたことをお聞きしました。

「キャリアのお小遣い帳を毎日綴ってきた」

という回答でした。

日記のような感情を文章にするのではなく、今日何を成し遂げたか?という点を簡潔に記録して蓄積しているという事です。

「今日一日の仕事上の成果を一言で記録する」

というものだそうです。

日記やお小遣い帳、ダイエットの記録、株価、などを記録する方は多いように思われますが、キャリアの蓄積を綴られている方には初めてお会いしました。

キャリアのお小遣い帳をつける。

過去の手帳を見直すことがとても刺激になるようで、自分の過去から学べる最高のツールになられているようです。

参考にしてみてはいかがでしょうか。

日々、精進ですね。

コメントを残す