転職が上手くいく人の3つの特徴

【転職が上手くいく人の3つの特徴】

転職とは、いってみれば人生の節目における「選択」です。

「選択」そして「決断」です。

 

転職の現場に日々立ち会っていると、この「選択と決断」において納得のいく決断ができる方とそうでない方が存在します。

 

結果として、納得のいく決断が転職後のパフォーマンスに及ぼす影響が大きく、特にエグゼクティブのレイヤーでは顕著です。

 

では、どういった習慣や特徴を持つ方が転職(人生の選択)において上手くいっているのか。

 

1.自己理解

自身の好き嫌い、強み弱み、人生に残された時間軸、自分の人生で真に望むことを客観的に認識している。仕事や私生活を通じて自己理解を深める習慣(仕組)を持っている。

労働市場ニーズと自分の能力とのスキルギャップを常に定点観測しており、それを埋める能力向上を絶えず行なっている。

(対話、日記や手帳など、自己と対峙し自己の願望と向き合う習慣。継続学習やスキルアップの時間をスケジュール上で確保している)

 

 

2.外部環境理解

社会、産業、所属コミュニティー、身近な他者を観察しており、現状分析と未来予測をしっかりしている。

世間の「同調圧力」を肌感覚で理解しており、極端な正論よりも現実的な「サバイバル戦略」を実践している(世間に流されない自己中心的な「自己最適化計画」を淡々と実践している)。

そのための学習習慣を持っており、多様な情報から世の中の洞察を得て、「自己最適化計画」のブラッシュアップに役立てている(能動的に情報と接している)。

 

3.比較検討習慣(学習継続習慣)

人生を通じて、選択と決断を意識し、結果検証する習慣を持たれている。

自身の選択と決断時の癖や特徴を理解しており、決断の質を上げるケーススタディーを日々蓄積している。

ROIや感情のバランスを意識し、選択と決断に対するメタ認知の感覚が研ぎ澄まされている。

 

 

転職に限らず、人生の選択において制約条件となるものは、「好き嫌い(仕事、恋愛、モノなど)」「環境(人間関係や衛生面など)」「報酬(年収など)」ではないでしょうか。

これらの制約条件の中で最適な選択を行なうための習慣。

 

自己理解、外部環境理解、比較検討習慣、これらが人生の選択時において納得のいく決断をするためのヒントになるかもしれません。

 

習慣形成は徹底して本質(あたりまえ)と向き合うこと。

日々精進

コメントを残す