「誰のために存在していますか?」


誰のために動くのか。


疲れた時、一歩踏み出す勇気がない時、自分を動かす原動力のようなもの。



それが、



私は誰かのために存在しているという実感。



あなたの存在意義は?




あなたは誰のために存在していますか?



誰に貢献できるのでしょうか?



内需縮小、収入の減少、競争激化・・・

こんな時代だからこそ、「確かな存在意義」を見直したいものです。

貢献できる存在になることが幸せなキャリアの基本だと思います。


アップ今日も素敵な一日でありますように!アップ

AD
いいね!した人
 | 
コメント(0)