常に将来に対する見通しを持っている人

【常に将来に対する見通しを持っている人】

10年後の世の中や環境を見通す力。

未来仮説から、自分の取るべき行動を設計している人。

第一線で活躍している人は、未来予測(foresight)習慣を持っています。

10年後の社会はどうなっているのか?

そこで自分はどんな貢献ができているのか?

自分の人生はどうなっているのか?

今から何を準備しておかなければならないのか?

「10年後、世の中は絶対にこうなる!」

そんな未来に対する仮説を持っているか。

確信と呼べるまでに検証を繰り返しているか。

未来を見通す自分であるか。

もしそうでないなら、ビジネスパーソンとしてのインプット習慣を変える必要があるかもしれません。

世の中でリーダーシップを発揮する人は、必ず将来予測に対する確信を持っていらっしゃいます。

常に将来に対する見通しを持っている自分。

必須習慣として取り入れたいものです。

日々精進

コメントを残す