「転職の度に強くなっているか?」を問う習慣

【転職の度に強くなっているか?】

 

転職の度に自分がレベルアップしているのか?

 

これは常に自身に問い続けたい習慣のひとつです。

 

環境を変えることで、自分がレベルアップされているのか?

 

それとも、適する環境を求めて単にスライドし続けているだけなのか?

 

ビジネスの世界で順調にステップアップしていくことは、想像以上に難しいものです。

 

外部環境変化、人間関係など変数が多く、自分だけの力量ではなんともしがたいことが起こり続けるのがビジネスの現場です。

 

それでもやはり、「転職の度に強くなっているか」を問い続けたいものです。

 

結果が良くても悪くても、成長してもしなくても、転職先がミスマッチであったとしても。

 

その度に「強くなった自分」を実感し、未来への道を歩まなければなりません。

 

なぜか?

 

それは、年齢を経るごとに「拠り所」が必要になるから。

 

経験や役職が増えることで、自分の実力や経験ではままならないことが増えるから。

 

理不尽なこと、環境の波に影響されることが多くなってくるから。

 

それでも高い壁や修羅場経験を経るごとに強くなっている自分を確信することができれば、地道に歩み続けることは可能です。

 

「転職の度に強くなっているか?」

 

問い続けたいものです。

日々精進

 

コメントを残す