キャリア目標の立て方 3つのポイント

 

キャリアに目標を持つ。

 

いざ実行してみるとなかなか難しいことでもあります。

 

キャリアとは、いってみれば旅の計画のようなものです。

 

選択肢や変数も無限大で、何をどうすればいいのか迷うことでもあります。

 

では、どのようなポイントでキャリア目標を立てれば良いのか。

以下の視点から考えてみることが大切です。

 

①自分の価値観や強み(特性)を知る

 

②未来予測(社会情勢や社会的ニーズなどの変化)

 

③現実的な時間軸

 

現在地と残り時間によって、現実的にとれる選択肢を考えていくこと。

 

また、大きな方向性から小さなTO DOに落とし込む「着眼大局、着手小局」のスタンスが大切です。

 

「着眼大局、着手小局」とは以下のようなものです。

 

①大まかな方向性を決める

マクロ(10年単位)からミクロ(1年単位)へ、視座を変化させながら方向性と現在地の定点観測を継続していくことが求められます。

②小さな行動、小さな目標達成を地道に継続する

他人の望むキャリアや生き方ではなく、自分らしさと向き合い続けていくことが大切です。

 

年に数回、自分のキャリアや人生の方向性について深く考えることは、大変有意義な自己投資となります。

細かなキャリアプランではなく、大まかな方向性を常に意識してみてはいかがでしょうか。

 

日々、精進です。

コメントを残す