成果を出す仕組みを持っている

ビジネス・エグゼクティブは自分の仕事領域で高い実績を出された上で、ポジションを獲得しています。

ただ、がむしゃらに仕事に邁進すればいいのでしょうか?

同じ努力をされていても、頭角を現す方とそうでない方がいることは事実です。

 

実際のエグゼクティブへのインタビューを通じ、高い実績・成果を出されている方の行動習慣の一つを知ることができました。

それが、
仕組み作りにフォカースするというものです。

成果を計画的に出し続ける方の特徴の一つが、成果を出す仕組みを持っているというものです。

では、どうすれば仕組み作りができるのでしょうか。

考え方と行動の2つの側面から行動習慣に落とし込むことが大切ということです。

①仕事の構造を見抜く
自分の仕事内容上、成果を出すために必要な決定的な要素を明確にすること。
そして、その要素に影響を与える環境要因や関連性の高い要素を明確にすること。

②最適化する
自分の仕事の構造に最適化された仕組み、オペレーションは何か?
日々の仕事で試行錯誤を繰り返しながら、最適な環境、業務オペレーションを構築する

ビジネス・エグゼクティブは単純な努力をする訳ではございません。
より効果的に、より効率的に、成果の再現性を高めるべく「仕組み作り」に労力を費やしています。

マネジメント職として、再現性のある体制構築ができる能力は必須のものです。

特に環境変化が益々加速する現代においては、環境に応じた最適化ができる力を養っておく必要があります。

日々、精進です。

コメントを残す