キャリア市場の競争社会の現実を認識する

働くことで自分らしい豊かな人生を実現したい。
誰もが描く素敵な理想です。
キャリア市場には、自分らしさを叶える機会であるとともに、もう一つの現実があります。

 

 

それは、勝負が明確につく競争社会である、というものです。

 

ビジネスの世界でサバイブしていくためには、市場のニーズに自分を最適化させていかねばらないという、極めて厳しい世界でもあるということです。

 

ビジネスの現場は、綺麗事と苦しい現実のバランスで成り立つ世界です。

 

学歴、業界、社格、役職、職種による条件格差が明確に存在する世界です。
よって、極端な思考に傾倒した行動習慣は避けなければなりません。
夢と現実の狭間で、様々な要因による因果関係で成り立っていることを踏まえた上で、最良の選択をとり続けていくことが求められます。

 

ビジネスの現場では、清濁併せ飲む決断の連続です。

 

白か?黒か?ではなく、限りなく白に近いグレーの選択の日々です。

 

夢と理想の実現は、死に物狂いで行動し続けた者だけがチャンスを手にすることができる競争社会。

 

この現実を踏また上で、真摯に成長戦略に向き合っていくことが求められます。

 

強く生き抜くための成長戦略を。
生存競争の本質を理解しているビジネスパーソンは強いです。
日々、精進です。

コメントを残す