キャリアプランの考え方3つのポイント【キャリア成長戦略】

キャリアプランをどうやって考えていくのか?

巷でキャリア、キャリアというけれどなかなか具体的に考えるとなると二の足を踏むことが多いものです。

いざ、自分自身のキャリアプランを考えると、非常に難しく感じてしまいます。

そんなに緻密に決めなくてはならないものなのでしょうか?

キャリアプランとはいいますが、決めるべきものは

方向性

です。

プラン(計画)にとって最も重要なことが方向性です。

どこに向かうのか?

方向性を自身の中から導きださなければなりません。

では、どのような軸で考えれば良いのでしょうか?
以下のような問いについて、真剣に考えてみて下さい。

「心から望んでいるライフスタイルは?」

「自分らしい時間の過ごし方は?」

そして、

「今のままの延長だったら、どうなりますか?」

「理想は叶いますか?」

まずは辿り着きたい理想について考えてみることです。

そして、その大雑把な理想に対して以下3点の行動を実行してみることです。

①中長期の時間軸で考える
 具体的にエクセルや表などで時間軸を明確にしてみることです。
 5年後、10年後といったライフステージが変わる軸で考えていくことが大切です。

②大きな方向性を決めて、日々の行動で軌道修正を行なっていく
 方向性は大雑把で構いません。細かな点にこだわり過ぎずに、まずは方向性だけ決めて歩き出すことが重要です。
 軌道修正については、日々の小さな行動で補っていくことが重要です。

③適切な資源配分を実行し続ける
 自分が持つ資源(時間やお金、人脈など)を理想の実現に向けて適切に配分することです。
 漠然と日々過ごすのではなく、身の回りの資源を活用して積極的に投資していく行動習慣を継続すること。
 行きたい方向に見合うスキルや経験を身につけていくことが求められます。

最後に大切なことは

楽しむことです。

仕事上の成長、自己実現は決して楽な日々ではありませんし、常に壁にぶつかることが多いものです。
それでも、自己の成長実感を喜びにし、日々、自分自身のキャリアプランを生き抜くことで、自分らしいキャリア人生が実現します。

上記3点の小さな行動から始めてみてはいかがでしょうか。

日々、精進です。

AD
いいね!した人
 | 
コメント(0)