採用はお互いの理想(イメージ)の擦り合わせ

「お互いの魅力を評価しあう場なんじゃないのか?」

もちろん、求人票やレジュメ(履歴書・職務経歴書)という事実情報をもとに相性を確認する場が採用選考です。

それでも、双方が最も気にするのは現時点からの「未来」のシナジーです。

「これからどうしたいのか?」

「これからどうするのか?」

候補者に対する企業側の過去や現在に関しては、あくまでもボーダーラインとしての評価です。

過去や現在の経歴に対して、採用に値する必須条件を満たした上で「未来」に対するシナジーを伝える必要があります。

優秀な候補者であっても、これを怠ることによる選考不合格が多く見受けられます。

キャリア・ビジョンや入社後の貢献ポイント、相手先の2-3年後をイメージした上で自分の強みをしっかりと伝えていくことが大切です。

お互いの「未来」の擦り合わせ。

採用選考の決定打となるのは未来予測に基づく判断・決断ということです。

この考えで転職活動を一歩前進いただけることを願っております。

日々、精進です。


via キャリア成長戦略



Your own website,



Ameba Ownd

AD
いいね!した人
 | 
コメント(0)