年代によって違うキャリアの磨き方

ビジネス市場における人材価値を決める要素は何なのか?

時代のニーズによって変化し続ける中で、常に考えていかなければなりません。

「貢献できること」と「自分がやりたいこと」の重なりを少しずつ大きくしていく努力も必要です。

どうやって自分らしいキャリアを磨き続けるのか?

20代、30代では主に仕事自体によるインプット比重が多いかも知れません。インプットから学ぶことを中心に、成功や失敗、創意工夫の体験を通じて吸収していくことが主流になるでしょう。

自分の適性や価値観と向き合いながら、好きな仕事や自分らしい生き方を模索していく時期でもあり、悩み迷いながら自分と正直に向き合っていくことが求められます。

自分がワクワクできることを軸にしながら、戦略的に能力向上の計画を立てていくことも求められます。

40代以降では、自分の職業人としての経験を通じて社会に貢献すべく、貢献領域のポジショニングを意識したアウトプットが求められます。

この段階では、自分の社会的価値=優位性を意識したキャリアの成長戦略にシフトしていく必要があります。

これまでの「吸収することで成長」段階から、「創造することで成長」段階へとシフトするタイミングといえます。

そのためには「自分らしい価値創造とは何なのか?」といった問いに向き合い続けることが求められます。

仕事、社会的立場、家族内での役割について、自分の貢献領域を定義し、その役割に相応しい自分に成長していくことが求められます。

単に学ぶのではなく、「自分らしく貢献できるもの」について深く洞察していくことで、社会的役割を定義し、「貢献できる自分」に相応しい学びを継続していくことが求められます。

他人の真似ではなく、自分らしい貢献というアウトプットから逆算した「成長戦略」を持つ必要があります。

全ての年代に共通していえることは、「どう生きるべきか?」といった自分らしさの追求を怠らないこと。

そして、年代や役割によって自己研鑽の方法が違ってくることを意識すること。

自身の成長に思いを馳せること。

それらを一人でゆっくり考えることができる時間や空間を持つこと。

人生計画を作り、何度も何度も修正をかけながら生活習慣をコツコツ改善していくこと。

成長し続けるビジネスパーソンは、具体的な戦略と計画について定期的に考え抜く習慣を持たれています。

日々、精進です。


via キャリア成長戦略



Your own website,



Ameba Ownd

AD
いいね!した人
 | 
コメント(0)