その情報はシグナルか?ノイズか?

仕事の成果を決める要素とは何なのか?

突き詰めて考えると

日々の情報インプットとアウトプットの質と量です。

よって、自分が無意識に接点を持つ情報について感度を鋭く保つ必要があります。

毎日の食生活と同じくらいに、「自分の人生を構成する情報」というものに配慮していく必要があります。

「その情報はシグナル?ノイズか?」

常に問いたいものです。

人生を変えるキッカケとなる情報や体験はシグナルといえます。

何ら価値をもたらさないばかりか、悪影響を及ぼす情報や体験などはノイズといえます。

情報メディアや社内外の人々が発すものについて、「シグナルか?ノイズか?」といった見方を取り入れたいものです。

また、ノイズを発する人、情報、場所、組織とは距離を取ることをおすすめします。

タイムマネジメントや最高のモチベーション環境を整えたとしても、情報や人脈がノイズで満たされていれば、成果は遠のくばかりです。

「その情報はシグナルか?ノイズか?」

日々、精進です。


via キャリア成長戦略



Your own website,



Ameba Ownd

AD
いいね!した人
 | 
コメント(0)