自分に適した成長戦略を持つこと【年収アップのキャリアデザイン】

仕事を通じて、理想的な自分になりたい。

もっと裁量の幅を広げていきたい。

収入を上げていきたい。

ビジネスパーソンとして向上意欲を持つ以上、自然な思いですね。

ところが、それらを実現するため「自分を取り巻く現状分析」をしっかりと行なっている方々は多くはいらっしゃいません。
(会社の仕事では、仕事上のPDCA習慣に染まってしまい、自分のライフプランやキャリアに関する重要度を見失ってしまってしまうことも多いため、致し方のない面もございます)

裁量の幅や収入は具体的にどうなれば手に入れることができるのか?

主に以下3点に集約されるのではないでしょうか。

①あるポストに就くことで得られるパターン
(社内で評価される実績やスキルを優先して身につけていく必要あり。得られるポストの限界を感じた時点でリスクヘッジとして社外で通用するスキルの習得にシフトしていく必要あり)
 但し、以下について確認が必要。
「就業年数が昇格や昇給に大きく影響するのでは?」
「そのポストは社内昇格で就くことができるのか?」
(近年、マネジメント層には変革や問題解決力が大きく求められるため、社内人材が持たない能力を有する人材を外部採用するケースが増えている)

②実績・成果連動パターン
 歩合制の営業など、就業年数や転職回数、学歴に関係なく結果で勝負する職種など
(「頑張らなくていいから、結果を出せ」という環境。未経験職種であっても簡単に内定が出るのもこのパターン。自分の職種内での成果責任は全て自分が負うが、事業全体の収益や経営責任は問われないため、顧客に100%向き合い合いたい職人タイプの方にとっては最適な環境)

③起業
 ビジネスそのものを全て自分で構築していく
(裁量も報酬も全て自分で作っていけるが、リスクも全て自分が背負うため、上記①②のいずれかを通じて自分の実力をわきまえた上で挑戦することが望ましい)

上記は、手に入れたいものや状態は同一であって、どれだけのリスクを取れるのか、とい点で手法が違うということが分かります。
(自分の性格や価値観、動機の源泉、取れるリスクの幅、によってしっかりと考えていくことが大切です)

成長段階によって、キャリアに対する願望は変わっていくものです。
節目節目で自分の望むキャリア、適した成長戦略について考えていくこと。
自分の性格上、取れるリスクの幅をしっかりと認識すること。

ビジネスには外部環境の波があります。
上手く行かない時、個々の方々が持つ「取れるリスクの幅」が大きく影響します。
自分のスキルや能力だけを基準に転職をしてしまうと、「取れるリスクの幅」が影響し、外部環境を理由に転職を繰り返してしまうことになりがちです。

転職を含めたキャリアパスを考えていく際には、自分に適したリスクの幅を認識し、成長戦略を考えていくことが大切です。

日々、精進です。

AD
いいね!した人
 | 
コメント(0)