時間配分を戦略的におこなう【エグゼクティブの行動習慣】

仕事上の成果を上げるために自分がコントロールできることは何でしょうか?

すべて100%コントロールとなると難しいこともあります。

ただ、比較的コントロール可能な要素は以下の2点です。

①自己の能力・専門スキルを向上させる

②時間投資配分を変えていく

能力、スキルに関しては、大局的に自分を取り巻くビジネス市場をしっかりと見据えること。
そして、自分の立てた仮設に従い、費用対効果の高い能力・スキルを明確にし、中長期で自己研鑽に取り組んでいく必要があります。

もっともコントロール可能なものが、「自分が持つ時間」です。

1日24時間をどう配分していくか?

1年53週をどう配分していくか?

配分自体が目的ではないので、細かく目標を設定する必要はないようですが、自分が持つ時間のどの程度を何に配分してくか、といった計画は大変重要です。

会計知識を得たい、英語スキルを磨きたい、教養や哲学、海外情勢について一定の知識を身に付けたい、など。

分野と時間配分を気にするだけでも、自分の将来のキャリア価値の構成をコントロールすることが可能です。

エグゼクティブはエグゼクティブになるべく、自身の市場価値をコツコツと積上げています。

ただ日々頑張るのではなく、具体的に、戦略的に、自分の豊かなキャリアライフ実現を目指し、時間配分のポートフォリオを作り上げいくことが求められます。

日々、精進です。

コメントを残す