間違ったキャリアの多角化を行なっていないか?【キャリア成長戦略】

間違ったキャリアの多角化とは?

それは、自分のキャリアの軸や強みといったものに対するシナジー効果のない自己投資です。

とかく、ビジネス領域のマーケティングに吊られ、強い焦燥感により戦略なき自己成長投資を行なっている方々が多く見受けられます。

細部に捉われると「果たして現在地がちゃんと目的地に通じているのだろうか?」といったことが見え難くなります。

そこで、原点回帰です。

「あなたのキャリア上の強み、軸は何ですか?」

「あなたにとって成長シナジーの高いスキルは何ですか?」

「もしかして、無駄な多角化を行なっていないでしょうか?」

特にキャリアを積んだビジネスパーソンが方向性を見失うケースが多発しています。

新入社員であれば、実務を覚えるので手一杯なので多角化戦略などとる暇もなく、まずは一点突破に注力せざるを得ません。

ところが、仕事のオペレーション全般に精通してくると、一般的なビジネススキルの欠如や社会常識など、自分の欠点が目につくようになります。

これが焦燥感です。

こういった気持ちは向上心の裏返しのため、とても大切なものです。

但し、そこに具体的な成長戦略を取り入れることが重要です。

自己投資にも様々なコストがかかります。

最も取り返しの聞かない大切なコストである「人生の貴重な時間」。

限られた自分時間を有効的に活用しなければなりません。

感情は大切ですが、感情だけではなく合理的な計画という側面からも物事を捉え、自分のキャリアの多角化をしっかりとしたプロセスで考えていきたいものです。

日々、精進です。

AD
いいね!した人
 | 
コメント(0)