エグゼクティブのモチベーションの源泉は何か?【エグゼクティブの行動習慣】

ビジネスパーソンもある一定の成長を遂げると金銭欲の重要度が落ちてくるようです。

もちろん個人差はございますし、スコアとして資産形成の規模に達成感を感じるのは皆同じかと思います。

ビジネス・エグゼクティブや起業家、双方とお付き合いしていて感じる点。

ビジネスパーソンがエグゼクティブに近づく程、起業家マインドが強くなる。

特にビジネス上のモチベーションの源泉が変化するようです。

成長し続ける人は真の意味でお金を目指してはいない、という事実。
(もちろん、これも個々の事情や個人差があります)

高みを目指せば目指す程、レベルの高い問題、自分の限界という壁にぶつかります。

そのような時、折れそうになる心を支えてくれるのは金銭欲などではないようです。

転職市場でもそうですが、金銭欲をモチベーションの源泉にされているビジネスパーソンは外部環境変化や障壁に弱い傾向があります。
踏ん張りが効かず、条件やメリットが少し変化しただけで転職を繰り返す癖がついていたります。

高いレベルの物事を成し遂げたい時、真に心の支えとなってくれるのは

仕事そのものに対する欲や事業欲、成し遂げたいものに対する思い

であったりします。

イチロー選手は今現在、お金を目指して野球をやっているのか?

もちろん一流の証である報酬に対するプライドはあるかと思います。

ただ、仕事そのもの対する飽くなき成功欲や目標達成意欲、そこで得られる快感を求め続けることなしには、実績を継続することは難しいのではないでしょうか。

事業や仕事は長期スタンスで望まなければならない長丁場の試合です。

各分野のプロフェッショナルな方々が金銭欲を満たした先に、何をモチベーションの源泉にされているのか?

そこを考えてみると、私達自身の仕事への向き合い方も変わってくるのかも知れません。

一流は何をモチベーションの源泉にしているのか?

日々、精進です。

AD
いいね!した人
 | 
コメント(0)