自分らしいキャリアプランを歩み続けるための3つのポイント【キャリア成長戦略】

現実的なキャリアとは何でしょうか?

それは、自分らしいキャリアです。

頭では皆様、理解されているかと存じます。

でも、キャリアプランの立て方を習ったことはあるでしょうか?

多くのビジネスパーソンは他者期待を背負い、所属するコミュニティー情報にどっぷりと浸り、安易に外部情報を求めてしまいがちです。

多くのキャリア情報が手に入る時代においても、自分らしいキャリアプランを立てる上での情報格差や情報過多が障壁になっているケースが多々あります。

キャリアには答えが存在しない点、そして現実の結果そのものである点、これらを踏まえるといつの時代においても自分らしい最適な生き方を模索することは追い求めていかなければならないテーマであります。

では、自分らしい現実的なキャリアを歩み続けるために必要なポイントとは何でしょうか?

以下3つのポイントを述べさせていただきます。

①非現実的で華麗なキャリアを参考にしない(情報のデトックスをしましょう)
華麗なキャリアを実現する方々は、その方々にとっては現実的です。
ただ、自分にとって現実的でないと思えるイメージは夢や憧れとして持っていたとしても、キャリアプランには含めない方が無難といえます。
(現実的なビジネスの世界では、夢や憧れに思いを馳せる時間はありませんので、まずはイメージを持つことができる「自分らしい理想のキャリア」を考え抜くことが大切です)

私達は意識しないと、いつの間にか他人期待を指針に人生の選択を決めてしまいがちです(本来、人間とはそういうものですので)。
本当の意味で「自分らしい」キャリアを考える時間をしっかりと確保することが大切です。

②自分が所属するコミュニティーの現実を認識する
自分が所属する業界、企業、職種、ここに自分の望むゴールはあるのか?
そういった視点で客観的に実情を把握しておくことが大切です。

また、以下3点の角度から自分の属するコミュニティーの現実を認識することが大切です。

⑴やりがい(仕事そのものが充実しているか、職場環境や労働環境はどうか)
⑵成長機会(スキルアップが望めるか、経験が積めるか)
⑶お金(自分が理想とする報酬を得られるか)

③オリジナルな計画(作戦)を持つ
自分らしいゴール、方向性、プロセス(具体的な課題、行動計画、中間目標)を3年程度のタームで計画を作り続け、チェックし、指針にしていく必要があります。

我々は日々、情報過多の世界に生きており、自分らしい生き方やキャリアについてゆっくりと考えられる環境がないのが現実です。
まずは情報のデトックスから始めることで、自分らしさと向き合い続ける環境構築から始めてみてはいかがでしょうか。
情報は定期的にバイアスとなって、私達のキャリアプランという部屋を埋め尽くし、汚していきますので、定期的に大掃除を行なうことが大切です。

日々、精進です。

コメントを残す