長期キャリアプランを3段階で設計する【キャリア成長戦略】

中長期に渡るキャリアプラン

所属する業界や職種、現在の年齢、スキル・実績、自分の状況によって作成すべきプランは様々です。

ここで、キャリアプランを作成するための3段階設計という考え方をお話しします。

3段階とは?

①探索期

②成長期

③成熟期

個々の名称にはこだわらず、イメージとしてこの3段階を捉えることが大切です。

まずは探索期。

社会人になり最初に入った会社で経験を積み、おおよそ30代位までがキャリアの探索期です。
自分の志向性や得意な仕事、目指す方向性等を、目の前の与えられた仕事を全力でこなしながら探していく時期となります。
社内異動や転職を通じて適性に合う仕事と出会うことが、その後のキャリアの運命を決めていきます。
色々な情報、人脈に触れて、多様な可能性と接点を作る習慣が大切です。

続いて成長期。

ここは、仕事上で自分が決めた分野で成果を発揮し、貢献に集中していく時期です。
また、プライベートでも30代、40代は家族とともに豊かな人生を形成するための大切な時期となります。
仕事上の成果とともに、プライベートでの経験を通じて人格を磨き、人生に対する視野を広げるために様々な教養を磨いていくことが求められます。

最後に成熟期。

ここまでの職業上の経験やスキルを次世代の若手に伝えていく時期となります。
肉体的にもこれまでのような力任せの働き方は難しくなるため、時代の変化に適応した経験や知識のアウトプットをしていくことが大切です。
また、引退後の人生設計や資産運用についてもしっかりとした自分らしい方針を決めることが求められます。

このようにキャリアの3段階ステージを意識することで、

「自分は今どのステージにいるか?」

「このステージで将来に備えるために大切なことは何なのか?」

今取るべき行動が明確になるかと思われます。

他者のキャリアを参考にされる場合でも、この3段階のステージをイメージして、その方がとった人生の選択を理解することで、自分のキャリアに具体的に活かすことが可能になります。

長期キャリアプランを3段階で設計する

日々、精進です。

コメントを残す