計画的な転職には助走期間を!【転職ノウハウ】

ノウハウと呼べる程の内容ではないため、大変恐縮ではございますが、、、

転職という出来事においては、どうしても突発的に活動せざるを得ないケースもございます。
(業績悪化による人員削減など)
そういった場合には、計画云々ではなく、現状において最適な選択肢を探すために迅速に動かれることが第一です。

今回のテーマは、上記のケースを除き、望むキャリアプランを持たれている方にとってのお話となります。

計画的な転職には助走期間を

これは、現職から次のステップに移る際、何らかの達成事実(実績)を持って転職活動を行なう、ということです。

なぜか?

端的に言うと、転職活動そのものが有利になるからです。

転職者側のタイミング(計画的)は、全て企業側にとっての評価に繋がる訳ではありません。

単なる時間軸でのタイミングだから、転職を決意しました!、、、というケースと、

これだけのことをやり切ったため、転職を決意しました!というケースでは、企業側に与えるアピールが全く違います。

よって、転職者側として活動を有利に進めるためには、

何らかの目的を達成した直後に転職を行なう

というベストなタイミングに合わせていく必要があります。

助走期間とは、何らかの実績を達成する見込みを得つつ、転職活動を行なうというものです。

走りながら飛ぶ準備をしていくという、通常以上に労力を必要とする状況でもあります。

ここで、どれだけ踏ん張れるかが転職成果の可否に繋がります。

転職市場には2つの理由を持つ転職者が存在します。

・何らかの理由によって、現職で働き続けることが難しい方

・次の成長機会を探すために環境を変えたい方

計画的な成長戦略をお持ちの方であれば、現職での実績アピールが最大化できるタイミングに合わせた転職活動をお薦め致します。

日々、精進です。

コメントを残す