プロ意識を高める方法とは【エグゼクティブの行動習慣】

20代経営者にお聞きした内容です。

プロ意識を持つにはどうしたらいいのか?

「プロは結果で勝負せよ」

ビジネスの世界では、当たり前ですね。

ただ、雇われの身である場合、雇われ続けるための手段と事業経営の目標が一致しないケースがあります。

プロ意識の強いビジネスパーソンであれば、

目標未達は絶対にあり得ないという気概で日々仕事と対峙されています。

営業のような数値目標のない職種であってもそれは同様です。

会社には必ず経営目標なるものがあります。

経営目標に対する現状課題、改善策、持てる経営資源を経営者と同じ目線で分析し、

「私が経営者なら、どうするか?」を毎日問い続けること。

強い当事者意識を持って仕事に立ち向かえる人材。

そんな人材はまさしく経営幹部候補です。

大変残念ながらプロ経営者から見て、真にプロ意識を有するビジネスパーソンは殆ど見当たらないそうです。

それはエグゼクティブ市場であってもです。

単に管理職として給与が高いだけの人材ばかりだそうです。

自分の会社の目標に対し、当事者意識を強く持てる人材。

「俺がこの会社を大きくしてやる!」と、本気で考えている人材。

経営者はそんな人材を注意深く観察しています。

プロ意識の強い人間は、匂いで分かるそうです。

経営者からすると、行動や発言、日々の姿勢で分かるそうです。

プロ意識を高める方法。

残念ながら方法はないようです。

単に意識の高い人材と、まったくない人材がいるだけ。

日々、精進です。

コメントを残す