◯◯を決めてこそ、学ぶ分野が明確になる【エグゼクティブの行動習慣】

ビジネスの基礎を幅広く学ぶことが求められる20代と異なり、

30代以降のキャリアで考えるべきことは何か?

それが、

職業人としての方向性を決める

ということです。

詳細まで決める必要はありませんが、ある程度の方向性を決めていくことが大切です。

自分の適性とキャリア市場動向、職種ニーズなどを踏まえた上で、

「私はこの分野で貢献する」

「私はこの分野で自分を磨いていく」

といった腹決めが求められます。

方向性を決めて、初めて学ぶ分野が明確になります。

方向性が曖昧だと、あらゆるビジネススキルが全て重要に見えてしまいます。

世の中のマーケティングの仕組みに動かされる側の人間となり、自分の時間資源を無駄にしてしまいます。

30代以降のビジネス分野の学習は、この「方向性」に有益な学びを突き詰めていくことが求められます。

「私にとって成長のために必要な学びは何なのか?」

無駄なものを削ぎ落とし、学ぶ分野を明確にしていくこと。

30代以降は他者と比較せず、自分にとって最適な方向性と成長戦略を考えていく時期と言えます。

日々、精進です。

コメントを残す