面接官の本音を引き出す3つのポイント【面接対策】

いきなりですが、

面接官はお友達ではありません。

結果として親しくなることはあっても、面接官はおもてなしを第一の目的とはしていません。

では、目的は何でしょうか。

当たり前のことですが、面接官の目的はあなたを値踏みすることです。

そして、合否の決断をすることです。

面接官はビジネスの評価市場原理で動いています。

よって、応募者側として面接官に違和感をいだくのは当たり前の心境です。

面接官が最初から、オープンに心開いているケースは以下の通りです。

・書類選考の段階で貴方に対して相当に高い評価を持たれており、面接時間内に口説きたいと思っている
・経歴や第一印象から、面接序盤で選考対象外であることを決断したため、あとは力を抜いて雑談モードになった場合
・面接官の元々の性格がオープンな方の場合

但し、面接プロセスを経て、面接官の心を開くことは合否に関わる重要な要素です。
実際に内定に至るケースでは、最低必要条件といえます。

では、面接官が心開くケースはどのような時なのでしょうか。

以下3点が多いケースといえます。

①この人、感じがいいなと思われる時
②採用に値する評価をいただいている時
③適切な質問をされた時

重要な点は、③適切な質問 です。
①②に関しては、面接内の努力ではどうすることもできませんが、「適切な質問」によって本音を引き出すということは、何とか準備によって改善が可能です。

適切な質問とは、以下のようなニーズを探る質問となります。

「今回のポジションで最も求められる役割は何でしょうか」
「これまで御社で活躍されてきた方々の特徴は何でしょうか」
「現場の課題はどのようなものがありますか」
「最も必要とされる成果は何でしょうか」

合否を分けるポイントは、多くの場合は求人票に書かれているスキルや経験ではありません。

その最低必要条件(経験やスキル)を満たした上で、本当に求めている何か。

この本音を引き出し、それに対して適切なアピールをすること。

自分が適切な人間であることを伝えること、です。

この本音を引き出すためにも、「適切な質問」をご準備してみてはいかがでしょうか。

日々、精進です。

コメントを残す