ゴールを確認するのは◯◯のため【エグゼクティブの行動習慣】

日々目標に向かうための活動に迷いが生じたらどうするか?

その答えについては以前こちら(迷いが生じたら◯◯を確認せよ)にて、あるエグゼクティブの考え方を掲載させていただきました。

では、ゴールを確認するのは何のためか?

これにつきましても、お聞きしてみました。

ゴールを忘れないため?

違うようです(私もそう思っていたのですが?)

では、何か?

それは、変化に対応し続けるためということでした。

そもそも、本当に価値あるゴール(目標)であれば、忘れる筈はありません。

ただ、外部環境変化によって、ゴールに向かう道筋を変えなくてはならないことは多々あります。

ゴールを確認することは、プロセス(手段)を確認することです。

何度も何度も、毎日確認し、作戦を練る。

スポーツの試合では、常に戦略を確認し続けますよね。

ビジネスの現場も同様に環境変化に応じて、自分の動き方を変えていかなければなりません。

「ゴールを決めれば、潜在意識で達成できる」というものは、現実のビジネス社会ではあり得ません(自身を動機付けするめの第一歩としては必要かも知れませんが)。

本当に日々の努力が必要なのは「実行」にあります。

「実行」で真価が問われます。

目標は必要最低条件。

実行は目標達成の充分条件です。

行動(実行)にフォーカスするためにも

変化に対応し続けるためにも

ゴールへの道筋を徹底的に考え続けなければなりません。

ストライカーがゴールの位置や大きさ、障害(ゴールキーパーやディフェンスの状況)を捉えずして、ゴールを狙うことはできません。

日々、精進です。

コメントを残す