2つ上のレイヤーから自分の仕事を考える【エグゼクティブの行動習慣】

組織で力を発揮される方の特徴、昇格される方々に共通している仕事に向き合うマインドとは?

とあるエグゼクティブよりお聞きした内容です。

2つ上のレイヤーから自分の仕事を考える。

組織に属する以上、指揮命令の中で仕事は進められます。

各レイヤー(職層)によって、意思決定のために重要視している情報が違っています。

自分が一般社員であれば、チームリーダー、マネージャーといった2階層上の視点で組織運営を考え、自分の役割と期待成果を認識すること。

それによって、リーダー、マネージャーに相応しい視点を身につけ、将来の自分に今不足しているものが明確になります。

自分がなりたいレイヤーの視点を今から身につけておく。

行動や実績はすぐには出ません。

2つ上のレイヤーで常に真摯に仕事に向き合う事で、実直に実績を出していくしかありません。

2つ上のレイヤーから自分の仕事を考える。

エグゼクティブの習慣として身につけておきたいものです。

日々、精進です。

コメントを残す