転職の戦略を立てる上で重要な「3つの現実」

転職活動において、戦略を立てる上で重要な3つの現実とは

①他者評価である

②相対評価である

③情報不足が当たり前

極めて当たり前ですが、合否を決めるのは他者(複数の関係者)であり、常に他候補者との比較で評価されており、全ての情報が揃った状態で面接を受けられることはない。

この状態をしっかりと踏まえて、自分が評価される場を見出していくことが重要です。

自己をアピールするテクニックも大切ではありますが、もっと大切なことは自分が勝てる場を見出すこと。

それが最も効率の良い戦略立案となります。

コメントを残す