採用プロセススピードが候補者に及ぼす影響【人材を求める企業様へ】

業界によって、採用における面接回数や内定までにかかる時間は各々です。

テクノロジー領域の業界、特にインターネットサービス企業のフィードバックの早さは圧倒的です。

推薦後、即答で面接設定、3日以内の1次面接設定のケースもあります。

多くの企業が選考途中で候補者に辞退された経験をもとに、日々、改善されています。

候補者側も企業側も週末での面接調整が最も効率的なため、積極的に土日祝日を活用した選考が行なわれています。

候補者にとって、仕事をしながらの転職活動は想像以上の疲労感をもたらします。

候補者は意思決定のスピードという視点から企業側を評価しています。

また、面接結果のフィードバックが遅いことは、他候補者(母集団)の相対評価で迷われている印象を候補者に与えています。

面接後、3日程度経過したラインが候補者の心理面に影響を及ぼすようです。

よって、判断の遅い企業は候補者の印象に大きく影響します。

採用プロセスのスピードについて、採用担当者は常に競争優位性を意識し、具体的改善が求められます。

日々、精進です。

コメントを残す