なぜ、自分の市場価値を意識する必要があるのか?【キャリア成長戦略】

市場価値とは?

ビジネスパーソンの数だけ状況が異なるため、客観的な指標も乏しく難しい考え方です。

では、なぜ自分の市場価値を強く意識する必要があるのでしょうか

それは、ビジネスの世界で淘汰されずに生き抜くためです。

そのために以下2点を理解しておく必要があります。

雇用者は採用市場において構造的に不利
学生時代のアルバイトや売手市場時代の就職活動とは決定的に異なります。
中長期のキャリアでは、多くの場合、採用決定権と選択肢を多く持つ企業側が有利です。
市場で調達できる経営資源の幅も種類も多く、一度の採用失敗が事業経営に決定的な悪影響を及ぼすことは殆どありません。

時代に応じたニーズに対応し、個の能力を変化させ続けなければならない
自分の労働力を商品と捉えた場合、企業のニーズに応じた能力変化を有することが決定的なサバイバル要件となります。
時代に求められる能力というアプリケーションを、常にアップデートし続け、不足部分をインストールしていくことが求められ、然もなくば他の人材に代用されます。

「キャリアアップ」という自分視点の認識よりも、「市場価値」という他者視点(企業視点)で自身を捉え続けることが重要です。

そのために以下の2点が大切です。

自分が生きる市場を決める
一般論ではなく、自分が生き抜く市場を決めていく必要があります。
仮決めをすることで、自分を磨くための手段が見えてきます。

その市場について常に情報をアップデートできる環境を作る
業界人脈やメディア、ヘッドハンター数名とお付き合いし、時代変化に敏感になっておく必要があります。

労働の商品化が益々加速されていく時代です。この流れは戻ることはありません。
外食産業やファッション業界、小売業界、など商品市場の時代の流れを注意深く観察すると、労働市場についての大局的な流れを読むことができます。
企業が生み出す商品やサービスの動向を読み解くことで、それらを生み出す資源としての人材に求められるニーズや変化も感覚的に理解することができます。
高度な機能や効果、価値を生む商品、または最低限の条件を満たす商品。
企業も人材も突出した個性(高級・高機能、または廉価・必要最低限機能)を追求する時代です。

自分が生きてる市場はどこなのか?
自分の市場価値は今現在どのような状態なのか?
この先、市場ニーズはどう変わっていくのか?
だったら、自分をどうすべきか?
この原点を定期的に考える必要があります。

個々のビジネスパーソンは、資本市場における自分の労働価値に対して、早期にパラダイムシフトし、現実的な戦略の中で自己実現の夢実現に向けた計画を立て続けることが求められます。
安易な自己啓発に頼らず、先ずは現実世界を直視した上で、真摯に成長戦略に向き合う努力が求められます。

キャリアにおいて、自分の頭で考え行動することが益々求められる時代。

日々、精進です。

コメントを残す