必ず仮設を立てること!【面接対策】【就活学生の方々も面接対策として必須です】

面接準備で大切な点は2つあります。

まずは、その目的をしっかりと認識すること。

その目的に対して合理的な準備を徹底すること

です。

面接の目的を面接者側の視点で考えてみます。

求人企業側の視点で、自分の職務経歴書を眺めてみながら、一人で面接シュミレーションをしてみると効果があります。
(できれば個室の静かな環境で、目の前に応募者として自分の姿をイメージしながら、どう面接を進めていくか?を考えてみることです)

面接の目的とは何でしょうか?

この方を採用すべきか?否か?

採用可否の決断をすることが目的です。

決して、楽しく会話をすることが主目的ではありません。

よって、可否に関わる点を面接者にしっかりと伝えることが最重要となります。

自分の全てを面接者に伝えることではありません。

伝えるべき点に優先順位を決めて、重要度の高い要素をしっかりと相手に認識していただくことが大切です。

面接準備に際し、伝えるべき情報の的を絞るという意識は大変重要です。

人は緊張すると枝葉に意識が飛んでしまいますが、しっかりと芯を捉えた対話をするための準備をしなければなりません。

面接者が聞きたい点とは?

それは、面接の合否に関わる点です。

今回の求人にとって採用を左右する重要な要素は何なのか?

自分が面接官であったら何を確認すべきか?

評価基準となる「数値」をどのような質問で聞くべきか?

自分が面接者の立場で、3つだけ質問できるとすれば何を質問するだろうか?

面接者の立場にたって、何度も何度もシュミレーションすることで仮設の質を上げることが大切です。

面接でしっかりと成果を出される方がに多い傾向として、以下が挙げられます。

・経歴説明を簡潔で論理的に説明できる

・転職理由を簡潔で論理的に説明できる

・採用企業に対し、仮設を検証するための(双方にとって)重要な質問ができる

・面接で重要視されるポイントをあらかじめ明確にしている
(評価されるポイント、懸念されるポイントを明確にしている)

・面接前におおよその合否可能性が分かっている

・面接後のフィードバックが簡潔で論理的、的を絞った感想を述べることができる
(面接準備がしっかりしているため、ポイントとなる点に対してどうだったか?
相手はどんなポイントを注視していたのか?を客観的に理解されているため、
担当コンサルタントに対する面接後の感想も極めて簡潔で分かりやすい)

これらは全て、面接前の準備として「仮設を立てる」ことで実現できます。

面接とは、自分(だけ)が応募企業に受かることではありません。

双方にとって、ミスマッチのない良い採用機会に仕立てていく意識が大切です。

よって、優秀なセールスパーソンが自分の人生を左右する重要な商談に臨むように、準備したいものです。

アピールポイント・ウィークポイントを整理し、相手が欲しい情報をイメージし、適切な情報提供、分かりやすい説明を行なうことで相手にご判断をいただく。

相手(面接者)が理解しやすい説明は?

その意識で仮設を立て続けることが大切です。

日々、精進です。

コメントを残す