成長の本質と向き合える著書です【自己革新(英治出版)】ーキャリアに役立つ著書ー

自分のキャリアに悩まれている方(多くの方がそうかと思いますが、、、)。

ビジネスの世界で組織と人の軋轢に揉まれている方。

子育てで悩まれている方。

こういった社会と人と成長に触れている方にとって、様々な示唆を与えてくれる貴重な本があります。

「成長」という根源的な欲望が埋め込まれた社会システムを理解することで、直面している問題や課題に対する何らかの開眼を得ることができるかも知れません。

全ての生命がDNAとして持っている「生命としての成長」とは何か?

そして、その生命が構築した「社会システムが持つ成長」とは何か?

欲望の本質を理解すること。

一歩立ち止まって、この根源的な欲望と向き合ってみることが大切ではないでしょうか。

それによって、世界で起こる現象、身近な人や自分自身をあらためて理解できるかも知れません。

多くの悩みや問題、課題がこの欲望に起因されることにも気付かされます。

成長願望と苦悩は表裏一体という現実。

生命として生きている限り、成長願望と付き合っていく必要があります。

革新、変革、イノベーション、成長、変化などなど、様々な言葉で表現されるものの本質とは何なのか?

それを理解することで人生やキャリア、社会の仕組み、世の中の多くの出来事の根底に流れる本質や因果関係が腑に落ちるかも知れません。

読むために集中力が必要で非常に疲れる本ではありますが、言語化できない本質に触れることができる内容で、一生涯読み続けることができる非常に奥が深い内容です。

ビジネスパーソンのみならず、社会のシステムに生きる全ての人におすすめできます。

自己革新 [新訳]――成長しつづけるための考え方/英治出版
¥1,620
Amazon.co.jp

コメントを残す