20代のキャリア戦略【計画の幅を持つ】

20代のキャリアは迷うものです。

特に20代後半に差し掛かってくると、何らかの道を定めなければいけないという無言の圧迫を誰もが感じるものです。

分からないことは、心理的な不安要素になります。

一方、20代で完璧なキャリア計画を持つことは必要なのでしょうか。

一部の専門職を除いては、今後10年以内に職種自体が無くなってしまったり、業界の垣根が無くなることで複数のスキルを組み合わせることが求められます。

よって20代のキャリア戦略では以下のような点を意識されると良いかと存じます。

・ある程度の外部環境変化に対応できるように計画の幅を持たせる

・汎用性の高いスキルを磨くことを優先する
(経営やビジネスの体系的な基礎知識、英語、IT、プレゼンテーション力、営業力などのビジネスパーソンである以上どこでも必要とされる基本能力)

・多様な業界の動向を並行して予測してみる
(特にITが多様な業界にもたらす影響は必ず意識する)

・所属する会社の年代の違う(30代以上の)上司や先輩を参考にしない
(同年代の他業界、海外の同業他社などで必要とされつつあるスキルをチェックする)

20代は計画の質よりも環境変化に適応できる幅を持つことが重要です。
3つ以上の複数のキャリア計画を立ててみることで、中長期の予想を立てていくことが大切です。
何度も何度も計画を練り、複数の計画を作り、客観的に分析してみることで仮設を立てる力を養っていくしかありません。
計画がブランクになるということは、情報不足によるものですので多様なメディアや人脈、自身で調べながら必要な情報をインプットしていくことが求められます。

他者の意見を鵜呑みにせずに、何度も何度も自分の頭で考え、必要な情報を世界中から集め、先見性を養うこと。

強いものが生き残る時代でありません、変化に対応できるものだけが生き残る時代です。

日々、精進です。

コメントを残す