人材紹介コンサルタントが経験する面接不合格の前兆とは?【ヘッドハンティングの現場】

人材紹介コンサルタントが感じる面接不合格の前兆とは

・面接日程調整がスムーズに行かない

・面接前にリスケが重なる(候補者側、企業側、いずれかの事情により)

・面接後の候補者様からのフィードバックのご連絡がない、または遅い(その日にない)

企業側からのフィードバックのご連絡がない、または遅い(その日にない)

・面接後、候補者様から内容や感想をお聞きしても、内容が漠然としていて面接内容をあまり覚えていない

・面接後、候補者様の企業への志望意欲、及びその理由が漠然としていて明確ではない

主な前兆だけをあげておりますが、概ね人材紹介コンサルタントのお仕事に従事されている方であればお感じになられることかと存じます。

やはり、人間を理解するためには、言っていることではなく、行動を見るべきですね。

これらは全て現象です。

現象のため、これらを改善することは根本的解決にはなりませんが、何かを仲介する際には双方の意欲が何らかの形に現れます。

それらを見据えた活動や対策を講じることが、人材紹介コンサルタントに求められる要素でもあります。

日々、精進です。

コメントを残す