3回以上、理由を深堀りする【面接対策】

面接は90%が準備で決まります。

ビジネスの現場でのコミュニケーション力とは、ぶつけ本番で仲良くなる能力ではありません。
いかに短く、「相手にとって」重要な判断材料を伝えるか?
面接準備においては、採用企業側が重要度を高く持つ点を予測し、的確に伝えられるように棚卸ししておくことが重要です。
意外にも現職で優秀な方ほど準備を怠る傾向があります。
優秀であるために、おそらく社内では準備して望む仕事に触れる機会が少ないためかと思われます。
では、どのように準備すべきか?
決まったノウハウはありませんが、以下の面接定番質問でについて深く考えぬき、簡潔で力のある答えを導き出すことです。
・なぜ転職を考えたのか?
・どうして弊社に関心を持たれたのか?
・過去の成功体験、失敗体験は?
・仕事上で将来何を目指されているのか?
強く説得力のある答えに辿り着くためには「なぜ?」という質問を3回以上繰り返し、真の理由を明確にしていくことです。
面接上の質問に対する答えは、オーソドックスなもので常識的なものです。採用企業側も優秀な答えは求めていません。
但し、候補者側の説明に力がない場合には、採用企業側は違和感を感じていたりします。
面接では「なんとなく説明に力を感じないから、、、」そんな不合格理由が多くあります。
答えに力を持たせるためには、事前に深く考え抜くことです。
単に判断材料を伝えるのではなく、あらゆる方向から検証し、考え抜いてきた結果という重みを持たせることが重要です。
理由を深堀する。
スマホの画面から目を離し、自分と対峙してみることです。
日々、精進です。

コメントを残す