主体性を発揮するために重要なたった一つのこと【転職ノウハウ】

採用企業側は、候補者側の認識よりもはるかに「主体性」を見ています。

これは多くの候補者様の面接対応をしている内に、自然とどの企業も同一の価値観を持つようになります。

面接者も人間のため、定量化されたスキルや経験の差だけでは、候補者様の魅力を肌で感じ続けることは難しく、多くの面接を経験する毎に人物像や人格、価値観等の定性的な魅力に重きを置くようになります。
スキルや経験としては充分でありながら、エネルギーレベルといったニュアンスで不合格判断をされるケースも少なくありません。

では、どうやって主体性といった姿勢の要素をアピールすることができるのか。

それは、面接前に選考企業に対して色々な角度から仮設を立てることです。

業界が抱えている問題は何か?
大きな経営課題は何か?
自分の職種における最大のミッションは何か?
そのミッションを達成するために重要視しているものは何か?
企業文化に合う、求める人物像は?
今、起きている社内の問題は何か?
どのような視点で採用を行なっているのか?
自分が面接官だったら、どのような視点で採用に取り組むだろうか?
前任者の何が問題だったのか?

視点は人によって様々ですが、

最大のポイントは

「仮設を立てる(役割をイメージする)ことで、聞きたいことが具体的になる」

ということです。

面接とは相手の質問に答えるだけの場ではありません。
それなりの職位であれば、事業経営に対する様々な角度からしっかりと仮設を立て、自分なりの貢献イメージを持ち、面接内で擦り合わせをしていかなければなりません。
そして自分が貢献できるポイントをしっかりと相手に伝えること。また、上辺だけの言葉ではなく、しっかりと考え抜いた上での提案であることを相手に認識してもらうこと。

「もし、あなたが明日から社長になったらどう考えて、何を実行しますか?」

こういった当事者意識を持って、選考企業の面接に臨むこと。

地道な準備がビジネスパーソンの基礎体力を作っていきます。

単に面接を受けにいくだけの候補者様が多い中、仮設を立てて臨むという準備を徹底すること。

こういった実行を継続できる人には、主体性を醸し出すオーラを感じます。
ヘッドハンターはもちろん、採用企業の面接官も会った瞬間に候補者の魅力を感じ取るものです。

仮設を立てること。

これが主体性を発揮する第一歩です。

日々、精進です。

コメントを残す