キャリアで考えるべき2つのシナリオ【キャリア成長戦略】

キャリアで考えるべき2つのシナリオ。

例えば2020年東京オリンピックまで5年。

現在の年齢に5を加えたとき、自分がどのようなキャリアを構築しているのか。

構築したいのか。

ここで考えるべきシナリオは2つあります。

メインシナリオとリスクシナリオです。

メインシナリオとは、想定通りの環境で物事が進む場合。
自分が投じる労力や時間に対する見返りとしての成長をじっくりと考えます。
目標を達成するための手段をしっかりとイメージして、何度も何度も繰り返し頭の中で動画再生してみます。

もう一つは、リスクシナリオ。
こちらは想定外の出来事によって、目標の変更が余儀なくされる場合。
そんな場合であっても人生に大きな影響を与えるような致命的な状態にならないように、リスクは大きいがリターンが少ないような選択肢を慎重に考えることです。
希少性の高い職種だが時代変化によりキャリアチェンジが難しくなるケース、僻地への転職により、都市部への転職が難しくなるケースがあります。

転職活動時の選択は、個々のキャリアや価値観が様々であるため、高いリスクがそのまま高いリターンに結びつく市場原理には至らないケースが多々あります。

転職市場は常に歪みがあります。
大切なことは、自分自身が考えるメインシナリオ、リスクシナリオを明確にすることです。
他人やビジネス書などを鵜呑みにせず、自分を客観視してシナリオを現実的に考え抜くことです。

キャリアで考えるべき2つのシナリオ。
メインシナリオ、リスクシナリオ、東京オリンピック開催の時、どんな自分になっているのでしょうか。
一度、立ち止まって考えてみることをおすすめします。

日々、精進です。

コメントを残す