会社ではなく、役割を選ぶ【キャリア成長戦略】

中途採用市場では、単に会社に入りたい方を歓迎する余裕はありません。

育成する必要のないことが中途採用のメリットでもあるためです。

よって、入社意欲だけはあります!という方は非常に難しい現実と直面することになります。

採用企業から「是非、うちに入社して欲しい」と内定をいただくための要素をしっかりと考え抜くことが大切です。

採用企業側の視点に立って考えてみることです。

そのためには、「貢献」という点で具体的に提供できるものを見直すことです。

抽象的に「◯◯できます」というものではなく、より具体的に数値を用いてアピールした上で、根拠となる過去の実績やスキル・知識などを補足していくことです。

具体的に考えるためには、採用企業側が最もして欲しい「役割」に対し、自分なりに仮設を持つことが求められます。

会社ではなく、役割に対する貢献ポイントを伝えるだけで、具体的な印象を与えることができます。

会社ではなく、役割を選ぶ。

新卒採用は会社に相応しい方を求めますが、
中途採用は役割に相応しい方を求めています。

役割にフォーカスした転職活動の準備をしていただければ幸いです。

日々、精進です。




コメントを残す