なぜ、転職理由が質問されるのか?【転職ノウハウ】

面接選考において必須である志望理由と転職理由。

志望理由については理解できますが、過去の転職における理由を聞かれるのはなぜでしょうか。

採用選考側の視点で考えてみましょう。

・同じ理由で退職されては困るため
・人物像(価値観)を判断したいため
・本当の実力を知るため

中でも採用企業側が気にされるのは、候補者様のビジネスパーソンとしての価値判断基準です。

どのような状況をデメリットと考えたのか?

キャリアで何を目指されているのか?

同じ理由で転職を繰り返していないか?

企業側からの不合格理由で多いものに「過去の転職理由がハッキリしなかった」「志望理由が不明確」というフィードバックがあります。

要するに「人物像が良く分からない」ということです。

多くの場合、候補者側としても隠したい理由があり、それを意識するあまりに腑に落ちない説明や回答をされているケースが多く、それが面接官に伝わってしまっています。

人の価値観、それに伴う行動の判断基準を知るために一番有効な質問。

それが、「どうして◯◯をされたのですか?」というものです。

決断した理由を聞く、ということです。

よって、転職理由が聞かれる理由とは、人物評価をしたいため。

この一点につきます。

採用企業側も全力で候補者の能力や魅力を把握しようと取り組んでいます。
安易な回答をせず、しっかりと自分の判断基準を伝えるという意識を持って、面接準備に臨んでいただけると幸いです。

皆様の転職活動がより良いものとなるように願っております。

日々、精進です。



コメントを残す