やはり実績にこだわるべき【キャリア成長戦略】

仕事に対する思いや姿勢、熱意といった定性的なもの。

もちろんこれらの要素は、継続して仕事を行なう上で大切ではありますが、

これは目的ではありません。

ビジネスである以上、

あくまでこだわるべきは結果。

熱意や思いがなくても、成果を出す人材が評価されるのがビジネスの世界です。

転職市場では、20代後半以降は「実績」評価市場となります。

今の職場でやりがいを持っていながら、自分が求める成果が出ていないようであれば、転職を検討する前になんらかの改善をし、実績を作っておくことが必要です。

採用企業側としては、実績を伴わない熱意は逆の評価に捉えるケースもあります。

転職市場での、候補者様の努力は「実績」そのものです。

実績で熱意や姿勢は全て伝わります。

枝葉の間接的な要素に労力を裂くのではなく、まずは実績に焦点を合わせ、行動することが大切です。

やはり「実績」にこだわるべき。

日々、精進です。

コメントを残す