キャリアと転職を考える際の7つのポイント【キャリア成長戦略】

仕事の現場では日々、様々なことが起こります。

中には納得のいかないこと、憤慨することもあるかも知れません。

転職を考える上で様々な感情を発端とし、奮起することは非常に大切ですが、一方では客観的に自分の人生計画、目指すべき生活やキャリア、現状等を棚卸しすることも大切です。

逆説的ですが、こういった客観的・合理的に自分の人生を考えるには、転職を考えていなタイミングがベストでもあります。。。

ライフプランやキャリアを設計する上でのポイントは以下の7点となります。

①自分の人生やキャリアの目的は何か?

②その上で実現すべき具体的な目標は何か?
(5年後になっていたい自分は?)

③現状はどうなっているか?

④ギャップは何か?

⑤ギャップの要因で優先順位の高いものは何か?

⑥問題解決の改善策を実行・検証・改善サイクルをまわす

⑦継続して実行した結果を管理し、再度③からのサイクルを実行

上記を継続して行なうためには、自らのモチベーションを淡々と維持するための何らかの仕掛けが必要です。これは人それぞれに合った行動し続けるための仕掛けになるため、独自の方法を考え続けることが必要ですし、時々によって自分を奮起させる方法が違ってくるかと思います。

残念ながら、人生やキャリアに奇策はありません。
地道な成長活動を日々実行するために、楽しめる工夫や活動し続けるエネルギーをくれる環境をどうやって作ってくか?

成長する人は、自分を動機付けすることが上手いという特徴があります。

キャリアと転職を考える際の7つのポイントをグルグルとまわしながら、成長するための選択肢の一つとして転職を活用していただければ幸いです。

間違っても、感情的に「もう、辞めてやるっ!!」とならぬように、、、

したたかに全力で生き抜いていきましょう。

日々、精進です。

コメントを残す