候補者が求人を選ぶ視点【企業採用担当者様へ】

候補者の個々の事情や価値観、職種によって多少の違いはございますが、組織でリーダーシップを発揮するクラスの候補者特有の転職先を選ぶ視点があります。

 

それが、

 

成長できる場かどうか。

 

報酬や企業の安定性も大切ですが、それらの要素は全て「成長できる場」かどうかに繋がっています。

 

成長せざる場が最大のリスクであり、時間の取り返しのつかない、人生の大きな損失になることを肌感覚で理解されている候補者が多いようです。

 

場が人を成長させる。

 

身を以て経験している方だからこそ、成長できない場で過ごすリスクに敏感でもあります。

単に業績が良く、成長している企業が、成長する場であるとは限りません。

 

自分が目指すキャリア、人生、価値観等、自分自身を知ること。

そこで初めて、自分にとって最大の成長機会を選ぶ目が養われます。

組織のリーダークラス、事業責任者クラスを採用したい企業にとっては、自社が候補者にとってどのような成長できる場であるのか、どういったミッションを提供できるのか、キーワードに落し込みながら考えてみることが必要です。

自分が候補者であったら、自社をどのように見るのだろうか。

シビアな視点で感じていくことが求められます。

候補者が求人を選ぶ視点を忘れないようにしたいものです。

コメントを残す